【過去記事016】望月です、今日は生きてます

こちらの記事は「でりぽけ別邸」にて投稿された記事を再度掲載しています。投稿日:2020/06/09 20:00

おはようございます。3月末から毎日無人島に籠っている望月やみです。

休業期間中は一日13時間ほど無人島で暮らしていたのですが、島開発が進むにつれて「この木と花、邪魔だな」「土地確保のために崖を崩さなきゃ」「一旦川を埋め立てなきゃ理想の島が出来上がらない」などの理由で島の自然を破壊しまくりました。

ぼくの理想の島には自然はいらないし、地面は草地からタイルになりました。島の住民がどう思っているのかわからなさ過ぎて怖いです。

 

初めのころはあいつらも「昨日たくさん木を切っていたじゃないか!頑張っているんだね!応援しているよ!!」とか言ってくれていたのに、最近は何も言ってくれません。さみしい。島が開発されていくの嫌だったのかな、、、ごめんね、、、、

しずえさんは「この島は素晴らしいです!最近注目されています!」って言ってくれるんですよ。もしかしてぼくの権力に恐れて煽ててくれているのかな。世渡り上手なしずえさんだいすき。

はあ、でもぼくの島にいる住民たちは幸せなのかなあ。ここ連日住民たちが悩んでる感じするんですよね。無人島にいたら誰かが必ず悩んでるんです。僕の知らないところで住民トラブルとかあったんですかね。関わりたくないなあ。

なんか病んできた。もうやだ。あつ森したい。あつ森しか勝たん。

あ、先日姫カット作ったのでその写真を添付しておきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました